【高校野球】東京学館新潟・上村がサイクル安打 秋季県大会2回戦

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第145回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」は22日、4球場で2回戦12試合が行われた。ハードオフ・エコスタジアムの第2試合は四番・上村泰雅(2年)のサイクル安打を達成する活躍で東京学館新潟が大勝した。五十公野球場では村上桜ヶ丘、新発田、新潟江南が10点差以上をつけてコールド勝ち。悠久山球場の第2試合では長岡大手が逆転勝ちした。佐藤池球場では新潟県央工、糸魚川、帝京長岡が二けた得点で大勝した。23日は4球場で2回戦10試合が行われる。

ハードオフ②東京学館新潟12-0巻
8回表、東京学館新潟の上村泰雅(2年)が右線三塁打を放ち、サイクル安打を達成

◎22日の2回戦の試合結果◎
<ハードオフ>
①北越7-1新潟工

(バッテリー)
北 越:山倉大武、山田直輝-宇野浩平
新潟工:板倉鉄、桐生隼、幸田歩高-石田空
(三塁打)
北 越:栁澤龍(8回)

②東京学館新潟12-0巻(8回コールド)

(バッテリー)
学館:中町龍之介-八幡康生
巻高:関連太郎、保倉颯太、水澤皓介-白根祥朗
(二塁打)
学館:上村泰雅(6回)、八幡康生(8回)、古澤蒼士(8回)
(三塁打)
学館:立川大和(1回)、宮嶋幹人(8回)、上村泰雅(8回)
(本塁打)
学館:上村泰雅(1回・2ラン)

③村上11-3新潟北(8回コールド)

(バッテリー)
村 上:須貝徳心-佐藤真太郎
新潟北:藤田琉瑛、森岡虎羽聖、田中心彩-森岡虎羽聖、山田和輝、森岡虎羽聖
(二塁打)
村 上:須貝徳心(1回)
新潟北:木村憲太郎(5回)


<五十公野>
①村上桜ヶ丘14-1新潟西(5回コールド)

(バッテリー)
村上桜:石田廉、佐藤陽眞-鈴木龍之介
新潟西:黒鳥悠真、澁木勇吾-髙橋賢朗
(二塁打)
村上桜:佐藤陽翔(3回)
(三塁打)
村上桜:鈴木龍之介(5回)

②新発田14-3巻総合(5回コールド)

(バッテリー)
新発田:大野湧生、山田竜太朗-髙橋大冴
巻総合:中條堅清、遠藤恭哉-清水健太
(二塁打)
新発田:相田浬玖(1回)
(三塁打)
新発田:傳和磨(1回)

③新潟江南13-3新津南(6回コールド)

(バッテリー)
新津南:佐藤想空-井上桂吾
江 南:阿部寧流-野上泰
(二塁打)
江 南:鈴木聡太郎(2回)
(三塁打)
新津南:小山春人(5回)
江 南:鈴木聡太郎(5回)


<悠久山>
①長岡商6-1小千谷

(バッテリー)
小千谷:松井一輝、井浦優輝-太刀川凌介
長岡商:結城惇也、内藤日向-渡邉優哉
(二塁打)
小千谷:上田瑛士(7回)
長岡商:長谷川夏紀(1回)、星健太(3回)

②長岡大手7-4高田農

(バッテリー)
高田農:内藤心、岡田蒼磨-望月翔
大 手:上村治輝-小椋脩平
(二塁打)
高田農:有水史哉(1回)、望月翔(7回)
大 手:髙橋拓磨(8回)
(三塁打)
高田農:岡田蒼磨(3回)
大 手:小椋脩平(5回)

③小出17-7長岡農・正徳館・栃尾(7回コールド)

(バッテリー)
小 出:田中翔也-細矢健太郎
農正栃:島田航汰、小林駿佑-太刀川久哉
(二塁打)
小 出:中澤駿介(2回)、上村蒼司(3回)、細矢健太郎(7回)
農正栃:小林煌季(2回)、高橋大稀(2回)、太刀川久哉(7回)
(三塁打)
農正栃:遠藤蒼太(2回)


<佐藤池>
①新潟県央工10-1糸魚川白嶺(7回コールド)

(バッテリー)
白 嶺:松木央介、渡辺大輔、松木央介-杉本智育
県央工:山岸圭悟、長谷部力輝-坂井俐玖人
(二塁打)
県央工:坂井俐玖人(1回)、長谷部力輝(6回)
(三塁打)
県央工:坂井俐玖人(5回)

②糸魚川12-5柏崎(7回コールド)

(バッテリー)
柏 崎:関谷颯介、宮崎莉央、伊原拓夢-村山映太
糸魚川:細井蓮-渡邉慶大

③帝京長岡11-1新井(5回コールド)

(バッテリー)
新井:宮下朔太朗-田浪直人
帝京:深澤一太、工藤綱正、茨木秀俊、幌村黛汰-竹部新之介
(二塁打)
新井:吉越翼(5回)
帝京:水瀨匡亮(1回)、江栢葳2(1回、3回)、成瀬望歩(1回)、深澤一太(1回)、浮ケ谷航平(1回)
(三塁打)
帝京:竹部新之介(1回)


◎23日の2回戦の試合予定◎
<ハードオフ>
①新潟明訓(9:00)新潟東
②新潟南(11:30)新潟向陽・万代・羽茂
③新津(14:00)日本文理

<五十公野>
①新発田商(9:00)新津工
②新発田南(11:30)五泉
③新発田農(14:00)新潟第一

<悠久山>
①長岡高専(10:00)中越
②新潟産大附(12:30)三条

<佐藤池>
①六日町(10:00)関根学園
②高田北城(12:30)小千谷西

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【高校野球】新チームが来春選抜目指す 秋季県大会が開幕

来春の選抜甲子園の出場校決定のための選考資料となる「第145回北信越高校野球・新潟県大会(秋季県大会)」が21日に開幕し、4球場で1回戦4試合、2回戦4試合の計8試合が行われた。

ハードオフ・エコスタジアムの第2試合では佐渡総合が競り勝った。五十公野球場の第1試合では昨秋優勝の加茂暁星が1点差を守り切った。悠久山球場の第2試合は三条商がコールド勝ち。佐藤池球場の第2試合は柏崎工が終盤に突き放した。22日は4球場で2回戦12試合が行われる。

五十公野①加茂暁星4-3新発田中央
6回から登板した加茂暁星⑪大木日向(2年)は3回2/3を投げ無失点に抑える 続きを読む


【社会人硬式】バイタルネットが優勝 2位はJR新潟 都市対抗1次・新潟大会

社会人硬式野球の最高峰を決める全国大会の予選となる「第92回都市対抗野球・1次新潟県大会」が19日、新潟市鳥屋野球場で開催された。3チームによる総当たり戦の結果、2戦全勝のバイタルネットが優勝、1勝1敗のJR新潟が2位となり、この2チームが10月1日から富山市で行われる2次北信越大会に出場することが決まった。全国大会には北信越で優勝したチームが出場する。新潟県勢としては2014年にバイタルネットが出場して以来、7年ぶりとなる本大会出場を目指す。

バイタルネットは第3試合で主将の池田貴将(日本文理高-東洋大)の適時三塁打2試合とも2桁安打2桁得点で快勝した。JR新潟は新潟コンマーシャル俱楽部との試合で、先発したJR新潟の廣瀬生成(五泉高)が6回1失点と好投し勝利した。なお大会の最高殊勲選手賞はバイタルネットの松田賢大、敢闘賞はJR新潟の齋藤治親(中越高)、最高打撃賞はJR新潟の圓田慎也(7打数4安打)が選出された。

バイタルネット10-3新潟コンマーシャルクラブ
4回表、バイタルネットが1死1塁から九番・池田貴将(日本文理高-東洋大)の右越え適時三塁打で3-0とリードを広げる 続きを読む


【中学軟式】紫雲寺中は初戦敗退 中盤まで善戦も逆転許す 全日本少年春季軟式大会

静岡県で開催されている中学軟式野球の全国大会「第12回全日本少年春季軟式野球大会」の1回戦が19日に行われた。新潟県代表の紫雲寺中は高知県代表の明徳義塾中と対戦し、1対8で敗れた。紫雲寺中は3回表に先制したが、4回裏に逆転された。 続きを読む


【中学軟式】紫雲寺中が全国舞台へ 全日本少年春季軟式大会18日開幕

中学軟式野球の全国大会「第12回全日本少年春季軟式野球大会」が18日に全国50校が参加して静岡県で開幕する。新潟県代表として昨秋の県新人大会(オンヨネカップ)で優勝した新発田市立紫雲寺中学校が出場する。

大会は当初3月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開催が延期されていた。紫雲寺中の初戦の相手は明徳義塾中(高知)で、3年生は集大成として全国の強豪に挑む。(※18日の初戦は台風14号の影響で19日に順延となった)

全国の舞台で全力プレーを誓う紫雲寺中のメンバー(後列左端は内藤満監督) 続きを読む