【社会人硬式】番場氏が専務理事に JABA新潟県野球連盟が理事会

社会人野球のJABA新潟県野球連盟(高橋勇四郎会長)は28日、新潟市のホテルで理事会を開き、今季の大会日程などを承認・決定した。東京オリンピック・パラリンピック開催のため、昨年に続き11月から開催される都市対抗野球大会(東京ドーム)に向けては、1次予選・新潟大会が9月2日から新潟市の鳥屋野球場で開催される。また役員人事では新たに元バイタルネット監督の番場省二氏(56・中越高出身)が専務理事に選任された。

JABA新潟県野球連盟の専務理事に新たに選任された番場省二氏(中央)

昨年はコロナ禍のため5月のJABA新潟大会や全国大会である日本選手権が中止となるなど影響が出た。また例年であれば理事会に併せて開催される総会も中止となり、理事会メンバーで今季の大会日程や役員の人選、予算案などを承認・決定した。昨季新設されながらコロナ禍で中止となった「高橋勇四郎杯」が8月に初開催の予定。

理事会後、番場専務理事は今季のコロナ対応について、「去年(都市対抗予選などで)の大会開催経験もあり、消毒などの準備は万全にし、確実に大会を実施していきたい」と話した。また、2014年のバイタルネット以降、新潟県勢の都市対抗野球大会への出場チームがないことや、クラブチームが全日本クラブ選手権への出場から遠ざかっていることについて、「個々の選手の能力はあるが、大事な試合を落としている。チームあっての連盟。チーム強化策など連盟として考えていきたい」と抱負を語った。

今季の大会日程や役員の人選、予算案などを承認・決定した理事会

◇2021年の主な大会日程◇
・4月24~25日…第45回全日本クラブ選手権2次北信越大会(ハードオフ、鳥屋野)
・5月1~4日…第63回JABA新潟大会(ハードオフ)
・5月28~31日…第46回日本選手権最終予選北信越大会(長野オリンピック)
・5月29~31日…第45回全日本クラブ選手権(岐阜県)
・6月29日~7月14日…第46回日本選手権(大阪、兵庫)
・8月7~8日…高橋勇四郎杯クラブ大会(鳥屋野、みどりと森)
・9月2~5日…第92回都市対抗1次予選新潟大会(鳥屋野)
・10月1~3日…第92回都市対抗2次予選北信越大会(富山市)
・11月28日~12月9日…第92回都市対抗大会(東京ドーム)

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【BCL】新潟は4月10日に群馬と開幕戦 ホーム開幕戦は11日に福島と対戦

ルートインBCリーグは26日、2021年シーズンのホーム開幕戦の日程を発表した。新潟アルビレックスBCは4月10日(土)の開幕戦はビジターの群馬・城南球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。新潟のホーム開幕戦は翌11日(日)13時から、新潟市のハードオフ・エコスタジアムで福島レッドホープスと対戦する。リーグは公式戦について「現時点では有観客での開催を予定している」とコメントしている。

昨年6月のホーム開幕戦は無観客での開催(写真)となったが、今季は有観客の予定 続きを読む


【高校野球】2021年度の大会日程を発表 新潟県高野連

新潟県高野連は5日、2021年度の大会日程や行事予定を発表した。主な日程は以下の通り。なお大会日程は2月5日現在で、今後変更の可能性がある。

◎硬式部の大会日程◎
<第144回北信越高校野球・新潟県大会>
・抽選会…4月23日(金)
・1~3回戦…4月29日(木)~5月5日(水)@鳥屋野、五十公野、悠久山、佐藤池
・4回戦…5月8日(土)@鳥屋野、五十公野、悠久山、佐藤池
・準々決勝…5月9日(日)@悠久山、佐藤池
・準決勝…5月11日(火)@悠久山
・決勝…5月13日(木)@悠久山

<第144回北信越高校野球大会@新潟県開催>
・6月5日~8日の3日間
・会場はハードオフ・エコスタジアムと悠久山球場

<第103回全国高校野球選手権・新潟大会> ※支部予選制を採用
・抽選会…6月26日(土)
・開会式と1回戦…7月10日(土)@エコスタ
・1~2回戦…7月10日(土)~14日(水)@エコスタ、鳥屋野、五十公野、悠久山、佐藤池
・3回戦…7月17日(土)18日(日)@鳥屋野、五十公野、悠久山、佐藤池
・4回戦…7月20日(火)@エコスタ、五十公野、悠久山、佐藤池
・準々決勝…7月22日(木)@エコスタ
・準決勝…7月24日(土)@エコスタ
・決勝…7月26日(月)@エコスタ

昨夏の独自大会は中越が2年ぶりに夏を制した 続きを読む


【中学軟式】紫雲寺中が出場の全国大会が9月に延期 ウイルス感染状況を受け

全日本軟式野球連盟は3日、3月25日から静岡県で開催する予定だった中学軟式野球の全国大会「文部科学大臣杯 第12回全日本少年春季軟式野球大会 日本生命トーナメント」を9月18日からの開催に延期すると発表した。大会には全国55チームが参加予定で、新潟県代表は昨秋の県新人大会(オンヨネカップ)で優勝した新発田市立紫雲寺中学校。

新潟県代表の紫雲寺中 大会は9月に延期された(写真提供/オンヨネ株式会社)
続きを読む


【社会人硬式】アルビBC退団の前川哲が日本製鉄広畑入り「可能性がある限りNPB目指す」

新潟アルビレックスBCを昨季限りで退団した柏崎市出身の前川哲投手(24歳・新潟産大附高)が、兵庫県の社会人野球の強豪チーム・日本製鉄広畑でプレーを続けることが2日までに決まった。前川はサイドスローから最速156キロの直球を投げ込む剛腕で、昨季は抑えとして11セーブを挙げ、ルートインBCリーグの中地区セーブ王に輝いた。10月のNPB(日本野球機構)ドラフト会議で指名が期待されたが、惜しくも指名漏れとなった。社会人野球という新たなステージで再スタートを切ることになった前川は新潟野球ドットコムの取材に対し「新たな気持ちでチームに貢献し、可能性がある限り、上(NPB)を目指したい」と決意を語った。

日本製鉄広畑入りが決まった前川哲 続きを読む