【BCL】新潟が武蔵に逆転勝ちで4連勝 27日からの10連戦に弾み

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは20日、長岡市悠久山球場で埼玉武蔵ヒートベアーズと対戦し、8対3で逆転勝ちした。新潟の前期通算成績は6勝2敗で東地区首位。新潟の次戦は27日(土)18時から、群馬県前橋市で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。

新潟は初回に先発の小野竜世(大阪体育大)が武蔵の先頭打者にソロ本塁打を浴びて先制されたが、2回に内藤晃裕(大阪体育大)がソロ本塁打を放ち同点に追いついた。守備のミスもあり、2点を勝ち越された直後の4回裏、1死2、3塁からピメンテルが3ランを放ち逆転に成功。5回には楠本歩(筑波大)の2ランなどで4点を追加し、試合を決定づけた。新潟は6回以降、5人の投手によるリレーで相手打線を封じた。

4回裏、新潟はピメンテルの3ランで逆転

◎20日の試合結果◎
<悠久山>
新潟8-3武蔵

(バッテリー)
武蔵:安齋、清水、劉、●岡本(1敗)、鶴、中島、尾林、タピア、松岡-富田、玉村
新潟:○小野(2勝)、大竹、木原田、長谷川、ユン、海老塚-西澤、齋藤
(二塁打)
武蔵:末永(4回)
新潟:楠本(4回)、内藤(5回)
(三塁打)
武蔵:宮之原(4回)
(本塁打)
武蔵:加藤1号(1回・ソロ)
新潟:内藤2号(2回・ソロ)、ピメンテル3号(4回・3ラン)、楠本2号(5回・2ラン)

2回裏、新潟の内藤晃裕(大阪体育大)がソロ本塁打を放ち、1対1の同点に


先発した新潟の小野竜世(大阪体育大) 5回3失点も7奪三振と好投


5回裏、楠本歩(筑波大)の2ランで新潟が6対3とリードを広げる


7回表、新潟は腰のケガから復帰した長谷川凌汰が今季初登板
球団のスピードガンで150キロをマークし、三者凡退に抑える

◇新潟・清水章夫監督の話◇
「小野は立ち上がりから良い投球だった。攻撃では内藤の本塁打が出て、チームが『もう1回いくぞ』という雰囲気になった。昨日までの流れを引き寄せることができた。(4回は外野守備のお見合いから失点だったが)嫌な感じだったが、その次の回にやってくれるのが今の選手たち。(ミスによる)失点を野手が何とかしようというのが見えた。(4試合連続で2ケタ安打で)チーム的には投手で勝ちたいと思っていたが、この3連戦は投手が頑張ってくれている。この3連戦で(投打が)噛み合ってきた。すごくいい3連戦だった。(27日からの)10連戦の前に悠久山で3連勝できて、気持ちよく10連戦に入ることができる」

◇逆転3ランの新潟・ピメンテル選手の話◇
「打ったのはチェンジアップ。タイミングはジャストだった。きのうは安打1本だったので、本塁打を狙っていた。アメリカのマイナーリーグでは1シーズン21本塁打だったので、今シーズン20本塁打は打ちたい」

◇2勝目を挙げた新潟・小野竜世投手の話◇
「初回の先頭の入りで、自分では全力で投げつもりだが、甘く抜けた球が高めにいってしまった。それを見逃さなかった向こうが一枚上手だと思い、次の打者から切り替えることができた。2回の3三振から勢いが出た。(146キロをマークして)直球の質はよかった。空振りも取ることができた。前期はこのまま無傷でいけたら。打者の調子がいいので、自分が最少失点でおさえることができれば勝てる。自分のできることを1回、1アウトずつやっていきたい」

◇今季初登板の長谷川凌汰投手の話◇
「緊張した。やっと投げられたなと思った。チームの調子が良い中、投げていなかったので、チームが勝てればそれでいいとは思っていたが、自分が投げた試合で勝ちたいという思いはあった。去年の新人で最初に投げたくらいの気持ちの昂りとそわそわ感があった。(150キロが出たが)きょうは球速より0点で(ベンチに)帰ってきたいというのがあった。打者の反応を見ながら、直球で押せるなと思った中で変化球をどう意識づけさせるかと思いながら投げた。それは去年はできなかったこと。球速よりもそういう脳みそになれたことが自分としては成長かなと思う」

(取材・撮影・文/岡田浩人)


【BCL】新潟が初対戦の茨城に大勝 単独首位に

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは19日、長岡市悠久山球場で茨城アストロプラネッツと対戦し、16対0で大勝した。新潟の前期通算成績は5勝2敗で、東地区で単独首位に立った。新潟の次戦は20日(土)13時から、同球場で埼玉武蔵ヒートベアーズと対戦する。

新潟は初回に3連打で2点を先制。2回には打者10人で5得点、3回には足立尚也(桜美林大)のソロ本塁打、石森亨(立正大)の2ランなどで4点を追加し、序盤から大量リードを奪い、18安打16得点を挙げた。先発の中西啓太(帝塚山大)は2安打、13三振を奪う好投で完封した。 続きを読む


【高校野球】春季県大会の組み合わせ決定 76チームが出場

高校野球の春の大会である「第140回北信越高校野球・新潟県大会(春季県大会)」の組み合わせ抽選会が18日、新潟市のユニゾンプラザで行われた。今大会の参加は76チーム(連合5チーム、参加校81校)。県大会は27日に開幕し、北支部と南支部に分かれ、6球場で1~3回戦が行われる。南北支部のベスト16が対戦する4回戦は5月4日、準々決勝は6日の予定。順調に日程が進めば5月11日に準決勝、12日に決勝が長岡市悠久山球場で行われる。上位2チームは6月1日から富山県で開催される北信越大会に出場する。

76チームの監督、部長がクジ引きを行った 写真は新潟明訓・島田修新監督 続きを読む


【BCL】新潟が福島に大勝 2試合連続で2ケタ得点

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは18日、長岡市悠久山球場で福島レッドホープスと対戦し、18対4で勝利した。新潟の前期通算成績は4勝2敗で、東地区6チーム中、栃木と同率で首位に立った。新潟の次戦は19日(金)13時から、同球場で今季から参入した茨城アストロプラネッツと対戦する。

新潟は2回に菊地悠人の右犠飛で先制。4回には打者10人で6得点するなど2試合連続となる2ケタ安打、2ケタ得点を挙げた。先発の前川哲(新潟産大附高)は6回まで無安打に抑える好投。7回に2ランを浴びたが、3投手のリレーで4失点に抑えた。 続きを読む


【NPB】ヤクルト・鈴木が二軍公式戦デビュー 西武・綱島と対戦も

NPB(日本野球機構)イースタンリーグ・埼玉西武ライオンズ対東京ヤクルトスワローズの公式戦が17日、埼玉県所沢市のメットライフドームで行われた。昨秋のドラフト6位でヤクルト入りした鈴木裕太投手(日本文理高)が二軍公式戦初登板。7回裏の1イニングを投げ、無死満塁のピンチを招くも無失点に抑えた。2死後、プロ入り2年目の西武・綱島龍生内野手(糸魚川白嶺高)との“新潟県出身”対決も実現し、鈴木が152キロの直球で2ストライクに追い込んだ後、132キロのフォークボールを低めに決め、空振り三振に抑えた。

二軍公式戦で初登板 1回無失点に抑えた鈴木裕太(日本文理高出身) 続きを読む


【BCL】新潟が18安打で19得点 群馬をくだす

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは14日、群馬県伊勢崎市で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、19対11で勝利した。新潟の前期通算成績は3勝2敗で、東地区6チーム中、群馬と同率2位。新潟の次戦は18日(木)13時から、長岡市悠久山球場で福島レッドホープスと対戦する。 続きを読む


【BCL】新外国人・ピメンテルが一発も群馬に敗れる 新潟アルビレックスBC

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは13日、長岡市悠久山球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦し、1対6で敗れた。新潟の前期通算成績は2勝2敗で、東地区6チーム中、4位。新潟の次戦は14日(日)13時から、群馬県伊勢崎市で群馬と対戦する。

新潟は先発の中西啓太(帝塚山大)が3回まで好投も、4回に群馬打線につかまり3失点。7回には群馬のポロにソロ本塁打を浴びた。リリーフした新人の山崎智也(静岡大)もポロに2ランを浴びた。新潟打線は9回に新外国人・ピメンテル(ドミニカ共和国)の中越えソロ本塁打で1点を返したものの、昨季15勝を挙げ最多勝に輝いた群馬の先発左腕・トーレスの前に3安打に抑えられた。

9回裏に初本塁打を放った新外国人・ピメンテル 続きを読む


【大学野球】新潟大が13日から春季リーグ戦に挑む 関甲新2部

大学野球の関甲新学生野球連盟2部に所属する新潟大が13日、春季リーグ戦の初戦に臨む。長野・松本大野球場で行われる初戦の相手は昨秋の3部優勝校で今季から2部に昇格した高崎経済大。昨春、昨秋ともに2部で4位となった新潟大は「2部でAクラス(3位以内)を目指す」と目標を掲げている。

13日から春季リーグ戦に臨む新潟大 私大から勝ち点を挙げての上位進出を狙う 続きを読む


【BCL】新潟が連勝で貯金1 樋口1本塁打3打点&楠本3打点の活躍

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは12日、埼玉県北本市で埼玉武蔵ヒートベアーズと対戦し、6対4で勝ち、2連勝を飾った。新潟は4回に樋口龍之介(立正大)の2ランで先制。7回には満塁から楠本歩(筑波大)の走者一掃三塁打と樋口の適時打で追加点を挙げた。投げては先発の前川哲(新潟産大附高)が7回まで無失点の好投。8回に走者を出して交代し、その後、埼玉武蔵に4点を奪われたが、継投で逃げ切った。新潟は前期通算成績が2勝1敗となった。次戦は13日(土)13時から、長岡市悠久山球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。

2連勝で貯金を1とした新潟アルビレックスBC 続きを読む


【BCL】新潟が6回に6点挙げ逆転 今季初勝利

ルートインBCリーグの新潟アルビレックスBCは7日、長野市の長野オリンピックスタジアムで信濃グランセローズと対戦し、14対6で逆転勝ち。今季初勝利を挙げた。新潟は先発の中西啓太が5回まで4点を奪わる苦しい内容だったが、6回に初マスクの西澤知史(信越硬式野球クラブ)の中前適時打で逆転。7回と9回にも4点ずつを加え、大勝した。新潟の前期通算成績は1勝1敗で、次戦は12日、埼玉県北本市で埼玉武蔵ヒートベアーズと対戦する。

6回表、西澤知史(左)の中前適時打で2点を入れ、逆転に成功 続きを読む