【高校野球】新潟産大附、新潟、新潟明訓、関根学園が4強 北信越出場決める 春季県大会準々決勝

高校野球の春季県大会「第144回北信越高校野球・新潟県大会」は9日、長岡市悠久山球場と柏崎市佐藤池球場で準々決勝4試合が行われ、新潟産大附、新潟、新潟明訓、関根学園の4校が勝ち、北信越大会への出場を決めた。準決勝2試合は11日に悠久山球場で行われる。

佐藤池①新潟明訓6-3中越
6回途中から登板した新潟明訓⑩栁下祐希(3年)は勝利の瞬間、拳を握った

◎9日の準々決勝の試合結果◎
<悠久山>
①新潟産大附2-0五泉
五泉 000 000 000 =0
産附 001 000 10 × =2
→新潟産大附が2019年秋以来の北信越大会出場
(バッテリー)
五泉:猪俣悠真-井関晶也
産附:仙田裕汰-村山廉太郎

②新潟7-4東京学館新潟
新潟 100 113 001 =7
学館 100 210 000 =4
→新潟が2009年秋以来の北信越大会出場
(バッテリー)
新潟:高橋光、小林才、杉本寛児-長峰類
学館:高野大地、羽吹幸隼、清田太陽-神保智哉


<佐藤池>
①新潟明訓6-3中越
中越 000 003 000 =3
明訓 050 000 10 × =6
→新潟明訓が2大会連続で北信越大会出場
(バッテリー)
中越:髙橋ケンジ、加藤秀成-外山俊
明訓:飯濵友翔、栁下祐希-加藤麗桜

②関根学園12-11北越(9回サヨナラ)
北越 080 030 000=11
関根 020 111 601=12
→関根学園が2大会連続で北信越大会出場
(バッテリー)
北越:山倉大武、宮下雅志、小川稜太-小川稜太、田中大闘
関根:牧野水樹、滝澤夏央-大竹直樹

最大8点差を逆転し、連日のサヨナラ勝ちで準決勝進出を決めた関根学園


◎11日の準決勝◎
<悠久山>
①新潟産大附(10:00)新潟
②関根学園(12:30)新潟明訓

(取材・文/岡田浩人)


【高校野球】関根学園が逆転サヨナラで8強入り 春季県大会4回戦

高校野球の春季県大会「第144回北信越高校野球・新潟県大会」は8日、4球場で4回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。鳥屋野球場の第1試合では関根学園が最終回に4点差を逆転し、サヨナラ勝ちで日本文理をくだした。悠久山球場の第1試合では新潟産大附が昨秋優勝の加茂暁星に競り勝った。北越、東京学館新潟、新潟明訓はコールド勝ちした。9日は悠久山球場と佐藤池球場で準々決勝4試合が行われ、6月に新潟県で開催される北信越大会に出場する上位4校が決まる。

鳥屋野①関根学園6-5日本文理
9回裏、4点差を逆転し、サヨナラ勝ちでベスト8進出を決めた関根学園 続きを読む


【高校野球】六日町の山之内が投打に躍動 ベスト16出そろう 春季県大会3回戦

高校野球の春季県大会「第144回北信越高校野球・新潟県大会」は6日、4球場で3回戦7試合が行われ、ベスト16が出そろった。鳥屋野球場の第1試合では北越が粘る羽茂を振り切った。悠久山球場の試合は十日町が高田北城に競り勝った。新潟、新発田中央、中越はコールド勝ちした。7日は試合がなく、8日に4球場で4回戦8試合が行われる予定。

佐藤池②六日町2-0上越
1回裏、六日町が山之内稜真(3年)の中前適時打で先制 続きを読む